Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASUS製無線LANルータに脆弱性 - ページ閲覧でOSコマンド実行のおそれ

ASUS製の一部無線LANルータに複数の脆弱性が含まれていることがわかった。管理画面にログインした状態で細工されたページを閲覧すると、OSコマンドが実行されるおそれがある。

脆弱性情報のポータルであるJVNによれば、脆弱性が含まれるのは、ASUS Japanの無線LAN製品「RT-AC87U」「RT-AC68U」「RT-AC56S」「RT-N66U」「RT-N56U」の一部ファームウェア。

管理画面に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2014-7269」が存在し、ログイン権限を持つユーザーによって任意のOSコマンドを実行されるおそれがある。

またこれら製品には、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性「CVE-2014-7270」も存在。両脆弱性の組み合わせにより、管理ページへログインしたユーザーを細工されたページに誘導することで、OSコマンドを実行させる攻撃が可能となる。

脆弱性を修正したファームウェアが公開されており、ASUS Japanやセキュリティ機関では、適用を呼びかけている。今回明らかとなったいずれの脆弱性も、酒井雅志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局