Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASUS製無線LANルータに脆弱性 - ページ閲覧でOSコマンド実行のおそれ

ASUS製の一部無線LANルータに複数の脆弱性が含まれていることがわかった。管理画面にログインした状態で細工されたページを閲覧すると、OSコマンドが実行されるおそれがある。

脆弱性情報のポータルであるJVNによれば、脆弱性が含まれるのは、ASUS Japanの無線LAN製品「RT-AC87U」「RT-AC68U」「RT-AC56S」「RT-N66U」「RT-N56U」の一部ファームウェア。

管理画面に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2014-7269」が存在し、ログイン権限を持つユーザーによって任意のOSコマンドを実行されるおそれがある。

またこれら製品には、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性「CVE-2014-7270」も存在。両脆弱性の組み合わせにより、管理ページへログインしたユーザーを細工されたページに誘導することで、OSコマンドを実行させる攻撃が可能となる。

脆弱性を修正したファームウェアが公開されており、ASUS Japanやセキュリティ機関では、適用を呼びかけている。今回明らかとなったいずれの脆弱性も、酒井雅志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性