Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんは収束傾向 - 「ShellShock」や「Heartbleed」が影響

被害内容の内訳では、「踏み台として悪用」が38件で最多。「サービス低下(22件)」「オンラインサービスの不正利用(21件)」「ウェブサイト改ざん(15件)」と続く。原因は「ID、パスワード管理の不備(17件)」「古いバージョン、パッチ未導入(11件)」「設定不備(10件)」だが、原因不明も35件と目立つ。

2014年に同機構に寄せられた相談件数は1万5598件。2013年の1万5227件から371件の増加した。「ワンクリック請求」に関する相談は3301件で前年の3287件から微増となったが、そのうちスマートフォン利用者からの相談が790件と、前年の393件から倍増している。

また、「偽セキュリティ対策ソフト」に関する相談が624件、「インターネットバンキング」関連が158件、「ランサムウェア」関連が35件だった。

(Security NEXT - 2015/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分