Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSC、クラウド型WAFのシステムをAWS上で公開 - 第三者への販売展開も可能

サイバーセキュリティクラウド(CSC)は、AWS向けにWAF「誰でも遮断くんAMI」の提供を2月2日より開始する。

同サービスは、「攻撃遮断くんWEBセキュリティタイプ」を構築するシステムを、Amazon Web Services向けに提供するもの。シグネチャの運用や更新を行う「攻撃遮断くん監視センター」との接続に必要な認証キーを取得することで利用できる。

導入した企業が利用するだけでなく、独自のセキュリティサービスとして第三者へ提供することも可能。認証キーの月額利用料は、1グローバルIPあたり4万3200円。

(Security NEXT - 2015/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall、VPN製品のゼロデイ脆弱性に対処 - 早急に更新を
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
NECのソフトェアWAFに脆弱性 - 権限昇格に悪用されるおそれ
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ