Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール配信プログラムの不具合でメールに他顧客情報 - キングソフト

キングソフトは、販促キャンペーンで顧客にメールを送信した際、関係ない顧客情報が記載された状態となったことを明らかにした。

1月7日14時15分ごろ、同社オンラインショップが実施した「KINGSOFT Office 2013(Internet Security同梱版)」の販売キャンペーンにおいてメールを送信した際に不具合が発生したもの。製品の購入を検討している顧客73人にメールを送信したが、受信者とは関係ない他顧客の姓または法人名、メールアドレスが記載された状態で送られたという。

同社は、メール配信プログラムの検証に不備があったとして、送信した当日に対象となる顧客に謝罪。関係ない顧客情報が記載されたメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC