Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリの脆弱性診断に必要な能力まとめたスキルマップ

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)とOWASP Japanは、脆弱性の診断に求められる技術や能力を規定した「脆弱性診断士スキルマップ」のウェブアプリを公開した。

ウェブアプリケーションの脆弱性診断については、必要とされるスキルが業界内で統一されておらず、診断を提供する技術者や事業者間で格差が生じているとして、JNSAとOWASP Japanの共同ワーキンググループ「脆弱性診断士(Web アプリケーション)スキルマッププロジェクト 2014」が作成したもの。

同スキルマップでは、脆弱性診断の従事者を「脆弱性診断士」とし、求められる技術や知識を具体化。脆弱性診断に携わる関係者に必要とされる技術を記載した。

作成にあたっては、関連分野として、採用や人事評価、人材育成といった「人事関連分野」、システムの品質向上などの「開発関連分野」、入札や診断サービス活用時の「発注関連分野」を想定したという。

またスキルマップの公開を通じて、脆弱性診断に携わる関係者の地位向上、待遇改善、給与向上などにもつなげていきたいとしている。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を