Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリの脆弱性診断に必要な能力まとめたスキルマップ

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)とOWASP Japanは、脆弱性の診断に求められる技術や能力を規定した「脆弱性診断士スキルマップ」のウェブアプリを公開した。

ウェブアプリケーションの脆弱性診断については、必要とされるスキルが業界内で統一されておらず、診断を提供する技術者や事業者間で格差が生じているとして、JNSAとOWASP Japanの共同ワーキンググループ「脆弱性診断士(Web アプリケーション)スキルマッププロジェクト 2014」が作成したもの。

同スキルマップでは、脆弱性診断の従事者を「脆弱性診断士」とし、求められる技術や知識を具体化。脆弱性診断に携わる関係者に必要とされる技術を記載した。

作成にあたっては、関連分野として、採用や人事評価、人材育成といった「人事関連分野」、システムの品質向上などの「開発関連分野」、入札や診断サービス活用時の「発注関連分野」を想定したという。

またスキルマップの公開を通じて、脆弱性診断に携わる関係者の地位向上、待遇改善、給与向上などにもつなげていきたいとしている。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消