Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MSやFFRIらが協業 - 日本独自のゼロデイ対策を開発

日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズ、FFRIの3社は、日本独自のゼロデイ攻撃対策サービスを目指し、協業する。

3社は、標的型攻撃やゼロデイ攻撃からエンドポイント端末を保護する日本独自のサービス「Zero day Attack Protection(仮称)」を開発するとしており、2015年4月より提供を開始する予定。

開発にあたっては、カーネルモードまで含めた脅威を分析できる日本マイクロソフトの技術や、FFRIのヒューリスティック検知技術を活用。NTTコムのセキュリティサービス基盤に統合し、提供する。

検出した攻撃や不正プログラムの情報はセキュリティアナリストが解析。脅威と判断された場合は、ブラックリストとしてクライアントPCやゲートウェイに配信していく。

(Security NEXT - 2014/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Chrome」に2件のゼロデイ脆弱性 - 緊急更新を実施
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も