Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、Flashのセキュリティ更新を公開 - 攻撃コードが発生中

同社は、「Windows」および「Mac OS X」向けに脆弱性を解消した「同16.0.0.235」を公開した。最新版へアップデートできないユーザーに「同13.0.0.259」、「Linux」向けに「同11.2.202.425」を用意。さらに「Chrome」や「Internet Explorer」に同梱されているプログラムに関しても、各ソフトのアップデート経由で「同16.0.0.235」を配信する。

適用優先度は、「Windows」や「Mac OS X」、ブラウザの同梱版については3段階中もっとも高い「1」にレーティングしており、72時間以内のアップデートを推奨。「Linux」については3段階中もっとも低い「3」に設定している。

(Security NEXT - 2014/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
「Cisco NX-OS」にゼロデイ脆弱性 - 4月より悪用の試行も
Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働
今月4件目の「Chromium」ゼロデイ脆弱性を悪用リストに追加 - 米当局
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正