Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、USBメモリ代わりにデータ受け渡しする製品

NTTソフトウェアは、ネットワークでつながっていない端末間でデータの受け渡しを実現する「Crossway/データブリッジ」を発表した。12月15日より予約受付を開始する。

20141128ns_001.jpg
Crossway/データブリッジのしくみ(図:NTTソフト)

同ソリューションは、ネットワークで接続されておらず、従来USBメモリなどで行っていたデータ授受を実現するハードウェア。送信用と受信用のUSBポートを備えた手のひらサイズの機器を使用し、入力されるデータを特殊技術でフィルタリングすることで、安全な受け渡しが可能だという。

ユーザーや端末、ファイルの種類ごとに利用を制限できるほか、データ受け渡し時のログを自動的に記録。USBケーブルの抜き差しや電源を切ったのと同時に、受け渡したデータは自動で削除される。価格はオープン。

(Security NEXT - 2014/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア