Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、USBメモリ代わりにデータ受け渡しする製品

NTTソフトウェアは、ネットワークでつながっていない端末間でデータの受け渡しを実現する「Crossway/データブリッジ」を発表した。12月15日より予約受付を開始する。

20141128ns_001.jpg
Crossway/データブリッジのしくみ(図:NTTソフト)

同ソリューションは、ネットワークで接続されておらず、従来USBメモリなどで行っていたデータ授受を実現するハードウェア。送信用と受信用のUSBポートを備えた手のひらサイズの機器を使用し、入力されるデータを特殊技術でフィルタリングすることで、安全な受け渡しが可能だという。

ユーザーや端末、ファイルの種類ごとに利用を制限できるほか、データ受け渡し時のログを自動的に記録。USBケーブルの抜き差しや電源を切ったのと同時に、受け渡したデータは自動で削除される。価格はオープン。

(Security NEXT - 2014/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス