Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HP、中小向けのクラウド型デバイス管理サービス

日本ヒューレット・パッカードは、中小企業向けのクラウド型デバイス管理サービス「HP Touchpoint Manager」を提供開始した。

同サービスは、業務で使用するパソコンやスマートフォン、タブレットの管理ツールをウェブベースで提供するもの。ベーシックパッケージでは、デバイスの稼働状況の監視やハードウェアトラブルの事前アラート、セキュリティ設定とポリシー設定の自動適用、リモートロックなどのデバイス管理機能が利用できる。

上位版となるプロパッケージではこれらの基本機能にくわえ、デバイス内のデータ消去、パスワードやPINコードのリセット、位置情報の取得、チャットと電話によるサポートなどを提供。WindowsとAndroidに対応しており、iOSに関しては近日中に対応する予定だという。

1ユーザーあたりの月額料金は、ベーシックパッケージが216円。プロパッケージが1188円。2015年5月11日までに導入した場合、6カ月間に限りベーシックパッケージを無料、プロパッケージを半額で提供する。

(Security NEXT - 2014/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
チャットで応対する月額制セキュリティ相談サービス
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大