Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給世帯のリストを嘱託職員が紛失 - 大阪市

大阪市は、生活保護受給世帯71件の個人情報が記載された訪問先リストを、嘱託職員が紛失したことを明らかにした。

11月11日、高齢者世帯の訪問を請け負っている嘱託職員が、訪問先リストが見当たらないことに気付いたもの。所在不明となっているリストには、生活保護受給世帯71件の世帯主氏名と住所が記載されていた。

同職員は、前日10日に生活保護受給世帯を訪問しており、その際に訪問先リストを携帯していたという。同職員は帰庁後、鞄の中を整理して、不要書類をシュレッダーで裁断処理しており、その際に誤ってリストも処分した可能性が高いという。

同市では、対象となる世帯を訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
看護師が資料を持ち帰り一時紛失、自宅で見つかる - 神奈川県看護協会
収納代行払込票を紛失、運搬用バッグ開めずに落下か - ローソン
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを一時紛失、6日後回収 - 大阪府
高校で学年末考査の一部答案原本を紛失 - 大阪府
結婚式場で顧客情報含む書類を紛失 - 冠婚葬祭事業者
駐車施設付置届出書含むバックアップ用USBメモリが所在不明 - 川崎市
競技場観覧席で生徒名簿が強風で飛ばされ紛失 - 埼玉県
小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町