Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本版NCFTAが業務開始、サイバー空間の脅威へ対抗

日本版NCFTAとしてサイバー空間の脅威に対処する日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が業務をスタートした。

JC3は、産業界、学術研究機関、法執行機関の産学官が連携し、サイバー空間の脅威を対処する非営利団体。政府のサイバーセキュリティ戦略のもと、米NCFTAを参考とした新組織について、2013年より検討を重ね、設立された。代表理事は、NECの取締役で執行役員常務兼CMOを務める清水隆明氏。

個々の組織で対応することが難しい脅威に対し、情報を集約して分析。捜査機関による犯罪者の追跡や特定などを行い、被害拡大の防止などに取り組む。

さらに脅威に対抗するための研究開発や、トレーニングプログラムの提供のほか、米国のNCFTAをはじめとする海外関係機関との情報共有や協力関係の構築なども進め、被害の軽減などを目指す。

(Security NEXT - 2014/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加