Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本版NCFTAが業務開始、サイバー空間の脅威へ対抗

日本版NCFTAとしてサイバー空間の脅威に対処する日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が業務をスタートした。

JC3は、産業界、学術研究機関、法執行機関の産学官が連携し、サイバー空間の脅威を対処する非営利団体。政府のサイバーセキュリティ戦略のもと、米NCFTAを参考とした新組織について、2013年より検討を重ね、設立された。代表理事は、NECの取締役で執行役員常務兼CMOを務める清水隆明氏。

個々の組織で対応することが難しい脅威に対し、情報を集約して分析。捜査機関による犯罪者の追跡や特定などを行い、被害拡大の防止などに取り組む。

さらに脅威に対抗するための研究開発や、トレーニングプログラムの提供のほか、米国のNCFTAをはじめとする海外関係機関との情報共有や協力関係の構築なども進め、被害の軽減などを目指す。

(Security NEXT - 2014/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も