Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本版NCFTAが業務開始、サイバー空間の脅威へ対抗

日本版NCFTAとしてサイバー空間の脅威に対処する日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が業務をスタートした。

JC3は、産業界、学術研究機関、法執行機関の産学官が連携し、サイバー空間の脅威を対処する非営利団体。政府のサイバーセキュリティ戦略のもと、米NCFTAを参考とした新組織について、2013年より検討を重ね、設立された。代表理事は、NECの取締役で執行役員常務兼CMOを務める清水隆明氏。

個々の組織で対応することが難しい脅威に対し、情報を集約して分析。捜査機関による犯罪者の追跡や特定などを行い、被害拡大の防止などに取り組む。

さらに脅威に対抗するための研究開発や、トレーニングプログラムの提供のほか、米国のNCFTAをはじめとする海外関係機関との情報共有や協力関係の構築なども進め、被害の軽減などを目指す。

(Security NEXT - 2014/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
サイバー攻撃被害の情報共有でガイダンス - 政府がパブコメ実施
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
下請へのセキュ要請、問題なし - ただし優越的地位の濫用となるケースも
米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver3.0」の意見募集が開始に
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須