Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」のアップデートが公開 - 18件の脆弱性を修正

Adobe Systemsは、18件におよぶ脆弱性を解消した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。72時間以内のアップデートを推奨している。

同社が公開したのは、メモリ破壊やバッファオーバーフロー、「use-after-free」の脆弱性など、あわせて18件の脆弱性を解消するプログラム。脆弱性が悪用されるとシステムの制御を奪われるおそれがある。

これを受けて、同社は「Windows」および「Mac OS X」向けに脆弱性を解消した「同15.0.0.223」を公開。最新版を利用できないユーザーに対しては「同13.0.0.252」、「Linux」向けに「同11.2.202.418」を用意する。

さらに「Chrome」や「Internet Explorer」に同梱されているプログラムに関しては、各ソフトのアップデート経由で「同15.0.0.223」を提供。「Adobe AIR」や「同SDK」に関しては「同15.0.0.356」をリリースした。

適用優先度は、「Windows」や「Mac OS X」、ブラウザの同梱版については、72時間以内のアップデートを推奨する3段階中もっとも高い「1」に設定。「Linux」や「Adobe AIR」についてはもっとも低い「3」としている。

(Security NEXT - 2014/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WooCommerce」向けフィルタプラグインにSQLi脆弱性
「Jupyter Server Proxy」にXSS脆弱性 - アップデートにて修正
Phoenix製「UEFI」に脆弱性 - TPM保護を回避されるおそれ
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性