Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」のアップデートが公開 - 18件の脆弱性を修正

Adobe Systemsは、18件におよぶ脆弱性を解消した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。72時間以内のアップデートを推奨している。

同社が公開したのは、メモリ破壊やバッファオーバーフロー、「use-after-free」の脆弱性など、あわせて18件の脆弱性を解消するプログラム。脆弱性が悪用されるとシステムの制御を奪われるおそれがある。

これを受けて、同社は「Windows」および「Mac OS X」向けに脆弱性を解消した「同15.0.0.223」を公開。最新版を利用できないユーザーに対しては「同13.0.0.252」、「Linux」向けに「同11.2.202.418」を用意する。

さらに「Chrome」や「Internet Explorer」に同梱されているプログラムに関しては、各ソフトのアップデート経由で「同15.0.0.223」を提供。「Adobe AIR」や「同SDK」に関しては「同15.0.0.356」をリリースした。

適用優先度は、「Windows」や「Mac OS X」、ブラウザの同梱版については、72時間以内のアップデートを推奨する3段階中もっとも高い「1」に設定。「Linux」や「Adobe AIR」についてはもっとも低い「3」としている。

(Security NEXT - 2014/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も