Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCS職員のなりすましが発生 - オークション出品者に偽警告

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、同協会職員のなりすましが報告されているとして、注意喚起を行った。

同協会によれば、インターネットオークションの出品者から、同協会調査部の「佐々木」を名乗る人物から、出品物が海賊版であるなどと警告されたといった問い合わせが複数寄せられているという。

同協会に調査部はなく、該当する職員もいないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
2020年度の若年層向けセキュ啓発コンクールを開催 - IPA
海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス