Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ基本法」が成立 - 脅威対策や産業振興など推進

サイバーセキュリティに関する基本理念や基本施策などをまとめた「サイバーセキュリティ基本法」が、11月6日に衆議院で賛成多数で可決、成立した。

同法は、サイバーセキュリティに対する脅威の深刻化などを受け、サイバーセキュリティに対する基本理念や施策について定めた基本法。

基本理念として、国や地方公共団体、重要インフラ事業者の連携による積極的な対策の推進ほか、国民の認識を深め、自発的な対応を促す。情報の自由な流通の確保、国民の権利を不当に侵害しないよう留意するといった内容も盛り込んだ。

国やそれに準じる組織がサイバー攻撃に加担するケースもあることから、国際的な秩序の形成に向けて、先導的な役割を担い、協調しながらセキュリティの強化を図る。

具体的には、内閣にサイバーセキュリティ戦略本部を設置。行政機関や重要インフラ事業者におけるサイバーセキュリティの確保や、民間企業や教育機関における取り組みを推進。犯罪の取り締りおよび被害拡大の防止、国の安全に重大な影響を及ぼす問題へ対応するとした。

また、情報セキュリティ分野における産業の振興、国際競争力の強化、研究開発の推進、人材の確保、教育や普及啓発なども推し進める。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出