Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で参加者のアドレス流出 - 木曽三川ウルトラマラソン

木曽三川ウルトラマラソンの参加者に送信したメールで誤送信が発生し、参加者450人のメールアドレスが流出したことがわかった。

実行委員会事務局によれば、11月3日に、中日新聞社への取材協力を求めるメールを参加者に送信した際、送信先のアドレスを誤って宛先に記載したため、参加者約2000人中、450人分のメールアドレスが表示された状態で送られた。

表示されたのはメールアドレスのみで、氏名などは含まないという。事務局では、管理体制の見直しと再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県