Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、マルチデバイス対応リモート接続サービスを提供

日立システムズは、マルチデバイスに対応したモバイル向けリモートアクセスサービス「SHIELDセキュリティゲートサービス」を提供開始する。

同サービスは、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどモバイル端末におけるクラウドサービスや社内システムといった業務システムへの接続を実現するもの。

同サービスでは、認証機能、不正サイトアクセスブロック機能、端末セキュリティチェック機能を提供。専用アプリケーションをインストールすることで、同アプリケーションが導入された端末からクラウドサービスや組織内のシステムへ接続する際に同サービスを自動的に経由させる。

100クライアント利用時の場合、27万円から。

(Security NEXT - 2014/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリに対する「Apache Log4j」の無償診断を期間限定提供 - ラック
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT