Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、他社と対策状況を比較できる診断ツールのデータを刷新

情報処理推進機構(IPA)は、企業におけるセキュリティ対策状況を自己診断できる「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の最新版となる「同バージョン4.3」を公開した。

同システムは、組織や企業におけるセキュリティ対策の取組状況について、ウェブ上で質問に回答することで診断できるツール。2005年8月より公開している。

セキュリティ対策の取り組みに関する27項目の質問と、企業プロフィールに関する19項目の質問に回答すると、診断結果が散布図やレーダーチャート、スコアなどで自動的に表示される。

9月30日時点で利用件数は2万8000件。診断のための基礎データとして9637件が提供されており、自社の対策状況と他社の対策状況を比較できるのも特徴。

最新版では、診断の基礎データを刷新。2010年4月1日から2014年9月30日までの4年6カ月間に提供された診断データについて、重複を整理した3056件を診断の基礎データとした。また同時に、英語版のバージョン4.3も公開している。

また、診断の基礎データとした3056件を統計処理し、「診断の基礎データの統計情報」として公開した。

(Security NEXT - 2014/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
NETGEAR製スイッチ2機種に脆弱性 - EOLのため他機器に移行を
「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響