Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日韓のセキュリティ動向がわかるシンポジウム - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、第4回日韓情報セキュリティシンポジウムを11月7日に開催する。

同イベントは、日韓両国における情報セキュリティの向上や、企業や関係者の交流を深めることを目的としたシンポジウム。同協会と韓国の知識情報セキュリティ協会(KISIA)が協力して開催する。

日韓における情報セキュリティ国家戦略と題して、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)副センター長の谷脇康彦氏や、韓国インターネット振興院(KISA)でバイスプレジデントを務めるNo, Byung-kyu氏が登壇する予定。

またクラウドコンピューティングセキュリティや、情報セキュリティ人材育成などをテーマとした講演を予定している。

会場は、フクラシア東京ステーションで定員は120名。参加費用は無料。イベントの詳細や申し込みは同協会のページから。

(Security NEXT - 2014/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも