Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日米サイバーセキュリティシンポジウム 2014が開催

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)と在日米国商工会議所(ACCJ)は、「日米サイバーセキュリティシンポジウム 2014」を10月31日に都内で開催する。

同イベントは、学生や若手エンジニアを対象としたシンポジウム。基調講演では、日米政府のサイバーセキュリティ戦略について解説。また専門家による最新のセキュリティ動向や、若手セキュリティエンジニアによるパネルディスカッションを予定している。

会場は、政策研究大学院大学の想海樓ホール。参加費は無料。定員は250名で先着順で受け付ける。詳しい内容や申し込み方法は、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ対策やアフターコロナがテーマのネットシンポジウム - NICT
「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
サイバー防衛テーマのシンポジウムが熱海で開催
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞