Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、米Ping Identity製ID連携ソフトの新版を発売

マクニカネットワークスは、米Ping Identity製ID連携ソフトウェア「PingFederate 7.2」の提供を10月14日より開始する。

同製品は、組織の認証システムと連携したシングルサインオンや、クラウドと連携するプロビジョニング機能を提供するID連携ソフトウェア。

今回発売する新版では、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」の利用者向けに「Office 365用コネクター」を用意。

Active Directoryのマルチテナントやマルチドメイン環境などにおけるID連携に対応し、シングルサインオンが可能となった。またActive Directoryのフォレストドメイン構成のほか、LDAPにも対応する。

(Security NEXT - 2014/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応