Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、米Ping Identity製ID連携ソフトの新版を発売

マクニカネットワークスは、米Ping Identity製ID連携ソフトウェア「PingFederate 7.2」の提供を10月14日より開始する。

同製品は、組織の認証システムと連携したシングルサインオンや、クラウドと連携するプロビジョニング機能を提供するID連携ソフトウェア。

今回発売する新版では、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」の利用者向けに「Office 365用コネクター」を用意。

Active Directoryのマルチテナントやマルチドメイン環境などにおけるID連携に対応し、シングルサインオンが可能となった。またActive Directoryのフォレストドメイン構成のほか、LDAPにも対応する。

(Security NEXT - 2014/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy