Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由の攻撃エクスプロイト、「Java」狙い9割

ウェブ経由の攻撃でエクスプロイトでは、「Java」が他プラットフォームを圧倒する状態が続いている。9割以上を占めており、旧バージョンを狙う攻撃も引き続き発生しているという。

シスコシステムズが2014年上半期の動向をまとめたもの。同社によれば、2014年5月の時点で、ウェブ経由の侵入痕跡において、Java エクスプロイトが93%を占めており、「Adobe Reader」や「Microsoft Office」などと比較して突出している。

同社はこうした状況について、Javaを通じて攻撃できる領域は広く、投資効果が高いことから、攻撃者は好んで利用していると分析。Javaの旧バージョンを狙ったエクスプロイトも引き続き利用されており、注意が必要だという。

また目立った動きとして、エクスプロイトキット「Blackhole」の動向にも変化が見られた。

同エクスプロイトキットは、Javaをはじめ、複数の脆弱性を悪用することで知られ、サイバー犯罪者によって広く活用されてきた。転機となったのは、2013年10月の関係者の逮捕。逮捕以降は攻撃が87%減となり、悪用が沈静化した。その後、「Blackhole」に代わるエクスプロイトキットは確認されていないという。

また同社が、新規に見つかった脆弱性に関して上半期に発行したアラートは1633件。既知の脆弱性を更新したものを含めると2528件にのぼる。また28件に関して悪用を確認した。

エクスプロイトに利用された対象を種類別に見ると、「アプリケーション」が31%で最多。「インフラストラクチャ(18%)」「CMS(13%)」「エンドユーザー(9%)」と続いた。

(Security NEXT - 2014/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増