Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、Oracle DBを活かした内部犯行対策ソリューション

NECは、組織のデータベースから管理者の内部犯行による情報漏洩を防止する対策ソリューションを提供開始した。

20141002_ne_001.jpg
対策ソリューションのイメージ(図:NEC)

今回販売を開始する「内部犯行対策ソリューション」は、「Oracle Database」に実装されているセキュリティ機能を活用したもので、システム管理者による不正の防止対策を提供する。

システム管理者への権限集中を避けつつ、同時に業務効率へ配慮したデータベースの設計を支援。データの暗号化対策、不正行為の監視や特定などを提供する。

顧客におけるニーズに応じてコンサルティングを行う「情報セキュリティ整備計画策定サービス」もあわせて提供。今後3年間で200社の受注を目指すという。

(Security NEXT - 2014/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
「Apache HugeGraph」のRCE脆弱性 - 詳細やPoCが公開
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
情報公開で混乱招いた「FortiSIEM」の深刻な脆弱性 - PoCが公開に
「FortiSIEM」のAPI処理にコマンドインジェクションの脆弱性
積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造