Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、Oracle DBを活かした内部犯行対策ソリューション

NECは、組織のデータベースから管理者の内部犯行による情報漏洩を防止する対策ソリューションを提供開始した。

20141002_ne_001.jpg
対策ソリューションのイメージ(図:NEC)

今回販売を開始する「内部犯行対策ソリューション」は、「Oracle Database」に実装されているセキュリティ機能を活用したもので、システム管理者による不正の防止対策を提供する。

システム管理者への権限集中を避けつつ、同時に業務効率へ配慮したデータベースの設計を支援。データの暗号化対策、不正行為の監視や特定などを提供する。

顧客におけるニーズに応じてコンサルティングを行う「情報セキュリティ整備計画策定サービス」もあわせて提供。今後3年間で200社の受注を目指すという。

(Security NEXT - 2014/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ
HTTPサーバのライブラリ「libmicrohttpd」にバッファオーバーフローの脆弱性
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
WP向け会員制サイト構築プラグインにSQLi脆弱性
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず