Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「改ざん発生は誤報」、ラックがアナウンス

ラックは、同社のウェブサイトが改ざんされたとする情報が一部サイトに掲載されたことを受け、誤報であるとの見解を発表した。

サイトの改ざん情報などを発信するエストニアのセキュリティニュースサイト「Zone-H」に、同社サイトのトップページが改ざんされたとの情報が掲載されたもの。

今回の問題について、ページ内の一部単語が誤検出されたもので、改ざん箇所は発見されず、不正なスクリプトやタグが埋め込まれた痕跡もなかったとして、誤報と結論付けている。

同社は9月26日に、同社内部で発生したマルウェアの感染事例や、侵入事例については、一部例外を除き、積極的に公表する方針を示している。同日より、スパイウェアの感染、不正サイトへの誘導など2件の事例を公開している。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 複数の深刻な脆弱性を解消
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市
WP向けアクセス解析プラグインにXSSの脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町