Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「改ざん発生は誤報」、ラックがアナウンス

ラックは、同社のウェブサイトが改ざんされたとする情報が一部サイトに掲載されたことを受け、誤報であるとの見解を発表した。

サイトの改ざん情報などを発信するエストニアのセキュリティニュースサイト「Zone-H」に、同社サイトのトップページが改ざんされたとの情報が掲載されたもの。

今回の問題について、ページ内の一部単語が誤検出されたもので、改ざん箇所は発見されず、不正なスクリプトやタグが埋め込まれた痕跡もなかったとして、誤報と結論付けている。

同社は9月26日に、同社内部で発生したマルウェアの感染事例や、侵入事例については、一部例外を除き、積極的に公表する方針を示している。同日より、スパイウェアの感染、不正サイトへの誘導など2件の事例を公開している。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?
不正アクセスでスパム送信の踏み台に - バイク修理業者
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性26件を修正
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始