Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報削除を持ちかけ、金銭騙し取る詐欺 - 福祉団体を装うケースも

公的機関やNPO法人を装い、名簿に登録された個人情報を削除するなどと持ちかけ、最終的に金銭を騙し取ろうとする詐欺が発生している。複数の人物が役割を演じて、事実だと信じ込ませるいわゆる劇場型の詐欺と見られ、消費者庁は事業者名を公表し、注意を呼びかけた。

問題の詐欺は、「全国生活センター」や「東京消費者センター」など公的機関を装って電話をかけ、個人情報が複数の名簿に勝手に登録されており、削除するなど持ちかけるのが特徴。

すぐに金銭を要求するのではなく、やりとりを通じて、一部削除できなかったなどと不安を煽り、削除には別人を登録する必要があるなどと説明。相談先として別の福祉団体やボランティアなどを紹介する。

相談先では、個人情報を削除する代わりに成寿園から車椅子を購入する際の名義貸しを求められるものの、最終的に購入代金は個人口座からでないと受け付けられず、立て替えてほしいなどと要求。ゆうパックで1000万円を送るよう指示する。

今回の詐欺では、車いすの販売業者として東京都中央区明石町の「成寿園株式会社」の名前が利用されているが、同庁の調査では、登記上の住所に事業拠点はなく、車いすの販売自体についても実態がなかった。同社代表者も、車いすの販売や介護サービスなどは行っておらず、関与していないと話しているという。

公的機関が個人情報の削除を持ちかけることはないとして、このような電話には応じないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開