Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、家庭用GWにセキュリティ技術を供給 - IoEデバイス保護で需要開拓

トレンドマイクロは、家庭用ゲートウェイへの搭載を想定したセキュリティ技術「Trend Micro Smart Home Network」を開発し、ASUS製無線LANルータへOEM供給を開始した。

同社では、IoE(Internet of Everything)が進み、セキュリティ対策ソフトを導入できないデバイスの増加を視野に入れ、「接続ポイント」を利用したセキュリティ対策の一括管理をあらたなビジネス戦略のひとつに掲げている。

今回開発した「Trend Micro Smart Home Network」はその一環で、ルータなど家庭用ゲートウェイへ供給。同技術を活用することで、ネットワーク内部から不正サイトへのアクセスを制御したり、ネットワーク内部のOSやアプリケーションに対する脆弱性攻撃を防御することが可能。

またマルウェアへ感染した端末からの通信を遮断することができるほか、アプリケーションごとの利用制限やペアレンタルコントロールを実現。さらに家庭用ゲートウェイにおけるセキュリティ設定の診断、ネットワーク通信量の制御といった機能を提供している。

(Security NEXT - 2014/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI