Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報流出の可能性「きわめて低い」 - 共同通信PRワイヤーが報告

プレスリリースの配信サービスを提供している共同通信PRワイヤーは、6月に判明したパソコンのウイルス感染に関して、最終結果報告を行った。

外部からの指摘により、営業で利用するパソコン1台にウイルスが感染していることが6月9日に判明したもの。6月の時点では、同パソコン内部に保存されていた顧客や販売委託会社担当者、登録している報道関係者のメールアドレスなど個人情報が外部に流出した可能性もあるとして事態を公表していた。

その後、外部企業と共同で調査を実施。同調査において、情報流出の可能性はきわめて低いとの結論にいたったという。

(Security NEXT - 2014/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害