Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コムスクエア、情報漏洩を通報する手のひらサイズ製品

コムスクエアは、情報漏洩の発生を検知して通報するアプライアンス製品「情報漏えい検知BOX」を発売した。

同製品は、ログやトラフィックを監視して情報漏洩の発生を検知し、関係者にメールや電話などで通報するアプライアンス。同社のサーバ、ネットワーク監視ソフト「パトロールクラリス」の機能を活用した監視機能を提供する。

ログやログインしたユーザー、ディスク、トラフィックのほか、改ざんについても監視することが可能。運用管理では、障害通知や監視レポートグラフなどを提供する。

価格は、監視項目10項目までの基本パッケージで、初年度21万6000円。2年目以降5万4000円。追加ライセンスは、監視項目10項目ごとに初年度5万4000円。2年目以降1万800円。

(Security NEXT - 2014/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック