Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10ネットワークス、DDoS対策専用アプライアンスにミッドレンジモデル

A10ネットワークスは、DDoS対策に特化したセキュリティアプライアンスの新モデル「Thunder 3030S TPS」を9月下旬より提供開始する。

同製品は、「A10 Thunder Threat Protection System (TPS)」シリーズのミッドレンジモデル。10Gbpsのスループットを備えており、5〜10Gbpsのインターネット接続を利用する小規模サービスプロバイダーや中堅企業のニーズに応える。

1秒あたり、TCP SYN認証を650万パケット、SYNクッキーを650万パケット処理できるほか、SSLアクセラレーションASICを標準で搭載。同社の「RESTful API」やSDKにより、外部システムと連携に対応する。

また、インターネット接続帯域幅を超えた大規模な大容量攻撃を受けると、上位レベルのMSSプロバイダのDDoS対策サービスに信号を送り、トラフィックを転送する「MSSPシグナリング機能」を、2014年第4四半期に追加する予定。

価格は、1404万円から。テクニカルサポート費用は別途必要。

(Security NEXT - 2014/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム