Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security

Flatt Securityは、ページの遷移がない「シングルページアプリケーション(SPA)」のフロントエンドにおける脆弱性を調査するサービスを提供開始した。

「SPA診断」は、ウェブサービスにおいて、ひとつのページに多くの機能が実装されるシングルページアプリケーションにおいて、フロンドエンド部分の脆弱性を診断するサービス。

仕様書や設計書、ソースコードより調査を実施。DOMベースのクロスサイトスクリプティング(XSS)、CSSインジェクション、オープンリダイレクト、クライアントサイドDoS、クライアントサイドプロトタイプ汚染などの脆弱性が存在しないか調べる。

動的診断では発見が難しい脆弱性の検出にも対応できるとしており、従来より提供している「Webアプリケーション診断」とあわせて利用することを想定しているという。

(Security NEXT - 2022/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大