Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android版「Kindle」アプリに脆弱性 - 証明書の検証処理に不備

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」のAndroid版アプリに、脆弱性が含まれていることがわかった。修正版が公開されている。

脆弱性情報のポータルサイト「JVN」によれば、「同4.5.0」より以前のバージョンに、SSLサーバ証明書の検証不備の脆弱性「CVE-2014-3908」が存在。同脆弱性が悪用され、マンインザミドル(MITM)攻撃を受けると、通信内容を盗聴されたり、改ざんされるおそれがある。

同脆弱性は、HASHコンサルティングの徳丸浩氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。現在、Google Playを通じて脆弱性を解消した最新版「同4.6.0」が公開されている。

(Security NEXT - 2014/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み