Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

71店舗で印鑑票や依頼票など顧客情報含む書類の紛失が判明 - 城南信金

城南信用金庫の71店舗において、印鑑票や依頼票、証書、通帳の預かり証など顧客情報含む書類の紛失が判明した。

同金庫によれば、印鑑票など電子化を行う際に一部所在がわからなかったことから、同金庫で保管状況を調査した結果、紛失が判明したという。

71店舗であわせて1172枚の印鑑票が所在不明となっており、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日のほか、口座番号や印影などが記載されている。

また、内部監査で依頼票の紛失が発覚したことから、一斉点検を実施したところ、11店舗で使用済みの依頼票や、証書および通帳の預かり証などを紛失していることがわかった。

紛失したのは2004年以降のもので、50枚綴りが308冊。氏名や口座番号などを含まれる。

同金庫ではこれらの紛失について、誤って廃棄した可能性が高いと説明。関連する問い合わせなども受けていないという。

(Security NEXT - 2014/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を別の口座振替収納企業へ誤送付 - 西京信金
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
市内小学校で児童指導要録抄本が所在不明に - 川崎市
顧客情報記載の伝票綴1冊が所在不明 - 東春信金
13年以上にわたる顧客情報の持ち帰りが判明 - 北海道信金
解約済み預金の一部印鑑届を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪信金
ATMの取引情報が記録された記録媒体を紛失 - 杜の都信金
県立高で卒業生約1万人分の指導要録が所在不明 - 広島県
県立特別支援学校で指導要録が所在不明に - 埼玉県