Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE」へのパッチ提供、2016年1月から最新版のみに - ブラウザ利用環境の確認を

米Microsoftは、同社ブラウザ「Internet Explorer」のサポートライフサイクルポリシーを変更した。2016年1月12日以降、最新バージョンのみサポート対象となる。国内も同様のポリシーが適用される見込み。

20140819_ms_002.jpg
2014年8月時点で2016年1月12日以降にサポート対象となるIEのバージョン(表:日本MS)

同社は、今回のサポートライフサイクルポリシーの変更にあたり、最新版のIEでは、旧版と比較してセキュリティ対策機能が向上しており、速度向上や拡張性を備えているなど、利用者や開発者にとってメリットがあると強調。今回の方針変更について理解を求め、最新版の利用を促していく。

従来同社では、サポート対象のOSで動作する「IE」については、すべてのバージョンをサポート対象としていた。2015年7月にサポートが終了する「Windows Server 2003」については、現在も「IE 6」がサポートされている。他OSに関しても、最新版だけでなく、複数のバージョンをサポートしている状況だ。

しかし、今回のライフサイクルポリシー変更により、2016年1月12日以降は、サポート対象OS上で動作する最新版のIEのみに限定。セキュリティ更新プログラムが提供される。それ以前のバージョンはサポート対象外となり、脆弱性が見つかっても修正することはできず、安全に利用することがほぼ困難となる。

同社では今回のポリシー変更にあたり、旧バージョンを利用する企業や組織への対応策として、「IE 8」との下位互換性を強化した「エンタープライズモード」を「IE 11」に4月より提供している。OSのサポート期間は、同モードもサポートしていく方針だという。

サポートライフサイクルポリシーの変更は、1年以上先ではあるものの、旧バージョンに依存するアプリケーションを利用している企業や組織などは注意が必要だ。環境の移行や、「エンタープライズモード」の活用など検討する必要がある。

(Security NEXT - 2014/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性112件に対処 - 一部ゼロデイ攻撃も
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
MS月例パッチが公開、脆弱性120件を修正 - すでに悪用も
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
MS、5月の月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性111件を修正
MSが4月の月例パッチ、脆弱性113件を修正 - すでに3件で悪用
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
MS、月例パッチを公開、脆弱性115件に対処 - 悪用未確認