Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、SOCを10月より運営開始 - アナリスト14人を配置

伊藤忠テクノソリューションズは、「CTCセキュリティ・オペレーション・センター」を、10月1日よりスタートする。運営開始と同時にMSSサービスを開始するという。

顧客のセキュリティ管理業務を支援する目的で、同社データセンターに開設するもの。同社では、同センターの開設にあわせ、「ファイアウォール」や「IPS(不正侵入防止システム)」といった機器を監視し、脅威を分析するサービス「CTCマネージド・セキュリティ・サービス」を展開する。

同サービスの提供にあたっては、金融業を中心に世界6000社にセキュリティサービスを提供している米SilverSkyと提携。グローバル企業のニーズにも対応。2015年度において100社の導入を目指すとしている。

サービス開始の時点で同センターには、攻撃手法の分析や対策の研究、開発を行うセキュリティアナリストを14人を配置。脅威の監視や分析を行う。開設後も継続的に、アナリストの技術向上や増員を図るとしている。

(Security NEXT - 2014/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み