Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、SOCを10月より運営開始 - アナリスト14人を配置

伊藤忠テクノソリューションズは、「CTCセキュリティ・オペレーション・センター」を、10月1日よりスタートする。運営開始と同時にMSSサービスを開始するという。

顧客のセキュリティ管理業務を支援する目的で、同社データセンターに開設するもの。同社では、同センターの開設にあわせ、「ファイアウォール」や「IPS(不正侵入防止システム)」といった機器を監視し、脅威を分析するサービス「CTCマネージド・セキュリティ・サービス」を展開する。

同サービスの提供にあたっては、金融業を中心に世界6000社にセキュリティサービスを提供している米SilverSkyと提携。グローバル企業のニーズにも対応。2015年度において100社の導入を目指すとしている。

サービス開始の時点で同センターには、攻撃手法の分析や対策の研究、開発を行うセキュリティアナリストを14人を配置。脅威の監視や分析を行う。開設後も継続的に、アナリストの技術向上や増員を図るとしている。

(Security NEXT - 2014/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も
インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン