Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

31店舗で共済契約申込書の紛失が判明 - JAぎふ

ぎふ農業協同組合は、34の店舗であわせて96件の共済契約申込書を紛失していたことを明らかにした。

同組合において、2014年1月20日から2月28日、および5月26日から6月20日にかけて2度にわたり調査を実施し、34の店舗であわせて96人分の共済契約申込書の紛失が判明したもの。

所在不明となっている書類には、顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、職業、口座番号、身体情報などが記載されていた。

同組合では今回判明した紛失について、店舗内の別の場所に保管して行方がわからなくなったケースや、不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明している。対象となる顧客には、各店舗から個別に連絡するという。

(Security NEXT - 2014/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
顧客情報記載の工事伝票を紛失 - 中部電力パワーグリッド
個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店