Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Huawei製Wi-Fiモバイルルータ「E355」にあらたな脆弱性

USBトークンタイプのHuawei製Wi-Fiモバイルルータ「E355」に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同製品の管理用に用意されているウェブページに、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2014-2968」が含まれていることが判明したもの。対処方法は不明。

影響を受けるのは、ハードウェアのファームウェアバージョンが「CH1E355SM」、ソフトウェアのバージョンが「21.157.37.01.910」、ウェブインタフェースのバージョンが「11.001.08.00.03」。他バージョンも影響を受けるおそれがある。

今回問題となったファームウェア「21.157.37.01.910」には、ウェブインタフェースへ認証なしにアクセス可能となる認証回避の脆弱性「CVE-2013-6031」が存在することも3月に判明している。

(Security NEXT - 2014/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性