Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebookのメッセージ経由で広がるマルウェアに注意 - Bitcoin採掘目的で

Bitcoinの採掘を行うマルウェアがFacebook上で拡散している。Facebookのメッセンジャー経由でファイルで送り付けられるとしてセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

キヤノンITソリューションズによれば、問題のファイルは、JPEGの画像を含むZipファイルと称してFacebookのメッセージとして送り付けられるもので、実体はJavaを利用したダウンローダー型のトロイの木馬「Java/TrojanDownloader.Agent.NIH 」で、他マルウェアに感染する。

同マルウェアについて、国内における感染の拡大は確認されていないが、以前よりBitcoinのマイニングを目的としたマルウェアが拡散しており、国内でも検知していると説明。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
SSOサーバ「ForgeRock AM」にRCE脆弱性、すでに被害も - 「OpenAM」も注意を
不正アクセス受けたNTTぷららの個人情報、流出の痕跡は見つからず
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
訪日外国人向け入出国ゲートの登録システムに不正アクセス
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知