Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パソコン版「LINE」で不正ログイン対策 - スマホによる二要素認証を追加

LINEは、同社SNSサービス「LINE」のパソコン版を利用した不正ログインを防止するため、スマートフォンアプリによる二要素認証を追加した。

利用者以外の第三者が本人になりすまし、パソコン版のLINEから不正にログインする被害が発生していることから、あらたな対策を打ち出したもの。

パソコン版のLINEからログインする際、メールアドレスとパスワードにくわえ、パソコン版で表示した4桁の認証番号を、スマートフォン版のLINEから入力しないとログインできないよう変更した。

今回の機能追加により、手元にLINEへログインが完了したスマートフォンがなければ、パソコン版を利用できない。同認証が必要となるのは、初回ログイン時のみだが、コンピュータごとに行う必要がある。

今回のセキュリティ強化により、流出したパスワードによる不正ログインを防止することにくわえ、第三者が不正にログインを試みた場合、手元のスマートフォンに認証番号の入力を促す画面が表示されるため、不正ログインの可能性に気付くこともできるとメリットを説明している。

同社では、これまでもパスワードを変更したユーザーにスタンプを提供するサービスを展開。不正ログイン対策を推進している。

(Security NEXT - 2014/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁