Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報検出ソフト「すみずみ君」が「InterSafe ILP」と連携 - 暗号化ファイルの検索が可能に

三菱スペース・ソフトウェアは、個人情報ファイル検出ツール「すみずみ君」とアルプスシステムインテグレーション(ALSI)の「InterSafe ILP」による連携ソリューションを提供開始した。

同ソリューションは、クライアントPCや共有サーバ上にある個人情報や機密情報を含むファイルを検出するツールの「すみずみ君」と情報漏洩対策製品「InterSafe ILP」と連携させたことにより暗号化ファイルにおける個人情報の検索に対応させたもの。またファイルを社外に持ち出す際、上長への申請時に個人情報の有無を事前に検索できるようになった。

(Security NEXT - 2014/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI