Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、アカウント乗っ取り被害防ぐ新作戦 - PW変更で「スタンプ」をプレゼント

LINEは、パスワードを使い回すユーザーを狙ったパスワードリスト攻撃により、なりすましなど不正ログインによる被害が発生している問題を解決すべく、パスワード変更を促すあらたなキャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、ソーシャルネットワークサービスである「LINE」の利用者を対象に、パソコンや機種変更時に必要となるパスワードを変更すると、同社キャラクターの特製スタンプをプレゼントするもの。

アカウント設定ページからパスワードを変更することで条件がクリアとなり、スタンプ配布ページよりダウンロードが可能になる。8月2日までの期間限定となる。

同社では、不正ログインの被害に遭うと、自分はもちろん、サービスでつながっている友人にも迷惑をかける可能性があると指摘。複数サービスで同じパスワードを利用しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験