Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゾーホー、ネットワーク監視ソフトの最新版をリリース - UIを見直し

ゾーホージャパンは、監視ツール「ManageEngine OpManager」の最新版「リリース11.3」を出荷開始した。

同製品は、サーバやネットワーク機器の監視ソリューション。サービスやプロセス、URL、パフォーマンス、ログなどの監視が可能で、アラートの発行やレポートを参照できる。

最新版では、ユーザビリティを見直し、表示速度を向上させた。また障害のポップアップ表示や、死活情報のヒートマップ表示が可能。キーボードショートカットにも対応したほか、大量に発生しているイベントの抑止機能なども追加した。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
中小企業向けにネットワーク脅威の検知パッケージ - NTTセキュリティ
「Zabbix」の延長サポートサービスを開始 - サイバートラスト
SaaSの設定不備や不審操作を検出するソリューション - IIJ
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
IoT製品の脆弱性監視分析サービス - NRIセキュア
脆弱性レポート機能の正式提供を開始 - GitHub
ファイルサーバ管理ソフトにログ監視オプション - ランサムなど不正操作を通知
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応