Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゾーホー、ネットワーク監視ソフトの最新版をリリース - UIを見直し

ゾーホージャパンは、監視ツール「ManageEngine OpManager」の最新版「リリース11.3」を出荷開始した。

同製品は、サーバやネットワーク機器の監視ソリューション。サービスやプロセス、URL、パフォーマンス、ログなどの監視が可能で、アラートの発行やレポートを参照できる。

最新版では、ユーザビリティを見直し、表示速度を向上させた。また障害のポップアップ表示や、死活情報のヒートマップ表示が可能。キーボードショートカットにも対応したほか、大量に発生しているイベントの抑止機能なども追加した。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド