Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁と日本マイクロソフトが連携 - 情報提供や人材育成支援で

警視庁と日本マイクロソフトは、サイバー空間の安全維持に向けて、セキュリティ分野で協力する覚書を締結した。

Microsoftでは、国内外において、50以上の公的なセキュリティ機関と取り決めを結んでおり、その一環として締結したもの。国内ではJPCERTコーディネーションセンターとも連携している。

今回の取り決めにより、日本MSでは警視庁に技術面から支援。具体的には、セキュリティ更新プログラムの公開にあわせて情報提供を行うほか、大規模なサイバー攻撃の発生時に連携。分析や技術的なアドバイスを提供する。

また警視庁職員における同社製品の検収や国際カンファレンスへの参加など、人材育成についてもサポートしていくという。

(Security NEXT - 2014/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
加入者情報が流出、海外サイトに記載 - 全国土木施工管理技士会連合会
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
セキュリティ人材の育成に向けた産官学協定 - メルカリやLINEら
パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし