Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cabos」による著作権侵害、操作方法を教えた幇助者も送検

香川県警らは、ファイル共有ソフト「Cabos」を使用して音楽ファイルを違法にアップロードしていた疑いで徳島県鳴門市の女性と、幇助容疑の同市家電販売店経営者男性を送検した。

日本音楽著作権協会(JASRAC)によれば、女性は「Cabos」を使用して音楽ファイルを無断でインターネット上に公開。不特定多数のユーザーに対して送信できるようにしていた。

また男性は、「Cabos」をインストールしたPCを女性に販売し操作方法を教えていたとして、同協会が6月10日に両者を告訴していた。同協会がファイル共有ソフトによる違法アップロードの幇助者を告訴したのはじめてのケースだという。

警察の調べによると、女性は5年前から「Cabos」を利用して約2000件の音楽ファイルを違法に入手していたと見られる。男性は操作方法を教えるだけでなく、ソフトの再インストールを行っていた疑いが持たれている。

(Security NEXT - 2014/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
2020年度の若年層向けセキュ啓発コンクールを開催 - IPA
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス