Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ameba」で約3万8000件の不正ログイン被害 - 仮想通貨の不正利用は確認されず

ブログサービス「Ameba」において、3万8000件以上のアカウントにおいて不正ログイン被害が発生していることがわかった。同サービスに対して断続的に攻撃が行われているという。

同サービスを運営するサイバーエージェントによると、利用者以外の第三者による不正ログインの試行は、6月19日17時半ごろより発生。23日8時半過ぎの時点で229万3543回に及び、3万8280件のアカウントがログインを許したという。

今回の不正ログインにより、ニックネームやメールアドレス、生年月日、居住地域、性別などの登録情報と、サービス内で利用されている仮想通貨「アメゴールド」「コイン」の履歴情報などが閲覧された可能性がある。一方、住所や電話番号、クレジットカード情報といった情報の流出はなく、登録情報の改ざんや仮想通貨の不正利用などは発生していないとしている。

不正ログインが発生した原因について、他社サービスから入手した情報を利用したパスワードリスト攻撃であると同社は分析。被害に遭ったアカウントのパスワードを強制的にリセットし、再設定を案内するメールを個別に送信した。

また、不正ログインの攻撃は断続的に発生しており、全利用者に対し、他社サービスと同一のパスワードや、推測されやすいパスワードを避けるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

求人掲載企業の管理ページに不正アクセス - 求人情報サイト
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
ケーズデンキ通販サイトに不正ログイン - 約300万円の不正注文
統合DBシステムで不正ログイン被害、改ざんも - 上智大
学内端末でクラウドサービスのユーザー情報が閲覧可能に - 東大
3Qのセキュ相談、前四半期比約27%減 - 「不正ログイン」は過去最多
「Proself」にゼロデイ脆弱性 - 暫定対応や侵害有無の確認を
ネット取引サービスに不正ログイン、株式不正売却も - SMBC日興証券
2Qのセキュ相談、前四半期比約12%増 - 「偽警告」過去最多