Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニコニコ動画、不正ログイン件数は約22万件 - 約17万円の被害

ニコニコ動画などで利用する「niconicoアカウント」に対し、第三者が利用者になりすました「不正ログイン」が発生した問題で、ドワンゴとニワンゴは、不正アクセスの詳細を明らかにした。

今回の不正ログインは、利用者より6月1日に2件、6月9日に1件の問い合わせがあり、発覚したもの。6月9日より調査を開始し、翌10日に第三者による不正ログイン試行を検出した。

今回の攻撃は、5月27日から6月4日にかけて220万3590回にわたり行われ、いずれも同一のIPアドレスを発信元としていたという。同社以外で入手したアカウント情報を利用したパスワードリスト攻撃であると説明。同社経由の情報漏洩については否定している。

不正ログインは、21万9926件のアカウントで発生しており、登録情報の閲覧や改ざん、不正投稿、ニコニコポイントの不正利用といったおそれがある。同社の調べでは、不正にポイントが使用されたアカウントは19件で、被害額は17万3610円にのぼるという。

同社では、不正使用が発生したコンテンツにおける課金を停止。関係するユーザーへ事態を説明し、被害が拡大しないよう、パスワード変更を促した。不正ログインが発生したアカウントに対し、パスワードを変更するまで取引機能を利用できないよう対策を講じている。

また全ユーザーに対してパスワードの使い回しを行わないよう注意喚起を実施。また警察や弁護士と相談し、今後の対応について検討している。

(Security NEXT - 2014/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険