Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年の国内情報セキュリティ市場は7661億円、前年比4.8%増 - JNSA調査

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によれば、2013年度における国内情報セキュリティ市場の規模は、7661億2400万円、前年比4.8%増となる見込みだ。

同協会が、2013年度における国内情報セキュリティ市場について調査し、報告書として取りまとめたもの。同調査は、2004年度より2009年度まで経済産業省委託事業として実施。2010年度以降は、同協会の独自事業として展開している。

2013年3月31日時点で国内で情報セキュリティに関するツール、サービス等の提供を事業として行っている事業者を対象としており、個別推計調査やインタビュー調査のほか、ワーキンググループメンバーによる議論を踏まえ、全体集計および推計作業を実施した。

同調査によれば、2013年度は、前年度の成長率である5.4%を下回るものの、4.8%を確保する見込み。ただし、2014年度は、4.1%を予測しており、成長率は緩やかながらも縮小傾向にあるという。

成長率が高かった分野は、情報セキュリティツールの「暗号化製品」で前年比6.9%増。また「システムセキュリティ管理製品」も6.8%と堅調だった。マイナス成長となった分野はなかったが、セキュリティサービスにおいて成長率が伸び悩む分野も見られ、「情報セキュリティ保険」が2.1%増、「セキュリティコンサルテーション」「情報セキュリティ教育」に関しても3%前半にとどまった。

(Security NEXT - 2014/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan