Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修医が患者情報をUSBメモリに無断コピーし紛失 - 都立広尾病院

都立広尾病院の非常勤研修医が、患者2人の個人情報やCT画像などを保存した私物USBメモリを紛失していたことがわかった。

東京都病院経営本部の発表によれば、同研修医が5月30日の朝に出勤し、鞄からメモリを取り出そうとしたところ、紛失していることに気が付いたもの。自宅を出る際にUSBメモリを鞄に入れ、自転車で病院へ病院へ出勤しており、その間に紛失したという。自宅や通勤途中、研修医室など探したが見つからず、警察へ遺失物届を提出した。

所在不明となっているUSBメモリは研修医の私物で、患者2人の氏名、年齢、性別、検査画像などが保存されていた。病院の許可を得ずにデータをコピーしていたという。パスワードなどセキュリティ対策は講じられていなかった。

同院では今回の紛失を受け、画像データ出力の際には匿名化を原則とする方針に切り替えた。また対象となる患者とその家族に対して説明を行い、謝罪したという。

(Security NEXT - 2014/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
顧客情報記載の工事伝票を紛失 - 中部電力パワーグリッド
個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械