Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外出張中に患者情報入りPCやUSBメモリなど紛失 - 東邦大医療センタ-

東邦大学医療センタ-佐倉病院は、同院医師が5月下旬に患者情報が保存されていたパソコンなどを出張中に紛失したと発表した。

紛失したのは、パソコンのほかUSBメモリや外付けハードディスクで、患者348人分の個人情報が保存されていた。同医師が海外へ出張した際に紛失したという。

これらパソコンや記憶装置には、患者の氏名やID、生年月日、画像などが保存されており、関連する患者に対して書面で事情の説明や謝罪を行っている。紛失した個人情報の不正利用といった報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2014/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
市役所出張所で対応した納付書控が所在不明 - 蒲郡信金
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大