Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信でボランティアのアドレス流出 - 茅ヶ崎市

神奈川県茅ヶ崎市は、応急手当普及協会の会員59人に案内メールを送信した際、操作ミスによりメールアドレスが流出したことを公表した。

誤送信が発生したのは、同協会に所属するボランティア指導員に送信した救命講習会の参加募集メール。5月15日16時37分に、携帯電話のメールアドレス31件と、パソコンのメールアドレス34件に対し、2回に分けてメールを送信したところ、宛先へメールアドレスを記載したため、受信者間でメールアドレスが流出した。

メールを受信した会員からの指摘で問題が判明。同市では、対象となる会員を個別に訪問するなどして謝罪した。

(Security NEXT - 2014/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
福島廃炉マッチングサポートの登録企業宛メールで誤送信
講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
委託先でメール誤送信、メルマガ登録者のメアド流出 - 香川県
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 新発田市観光協会
メール作成時のコピーで誤操作、本文にメアドの一部 - 静岡県立高
障害児通所支援事業所宛のメール、メアド406件をCC記載 - 大阪府