Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、メール添付ファイルを制御できるソリューション - マルチメーラ対応

NTTソフトウェアは、送信したメールの添付ファイルにおけるアクセス権をあとから制御できる「WatchDoxマルチメーラ対応ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、既存のメールソフトと連携し、メールを送信した後でも添付ファイルを制御できるセキュリティソリューション。添付ファイルはメール送信時に暗号化、操作制限や有効期限を設定できる。権限は、送信後でも変更することが可能。

ファイルの閲覧や印刷、有効期限などが制御できるため、送信相手からのファイル流出や、不特定多数のアクセスを防ぐことができる。さらに操作履歴の追跡にも対応している。

基本的な制限パターンはあらかじめ用意しており、メールサーバからの送信ルート上にWatchDoxアダプタサーバを設置するだけで利用開始できる。初期費用は1ユーザーあたり540円。利用料金は100ユーザーの場合168万4800円/年。

(Security NEXT - 2014/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス