Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロ向け画像処理ソフト「Caldera」に複数の脆弱性

プロフェッショナル向けの画像処理ソフトウェア「Caldera」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関では、注意を呼びかけている。

「同9.20」および以前のバージョンに、SQLインジェクション「CVE-2014-2934」をはじめ、OSコマンドインジェクション「CVE-2014-2935」などあわせて4件の脆弱性が含まれていることが判明したもの。悪用されると、任意のコードを実行されたり、情報が漏洩する可能性がある。

脆弱性の修正方法はわかっておらず、アクセスを制限するといった回避策がセキュリティ機関よりアナウンスされている。

(Security NEXT - 2014/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ